先輩たちの仕事先輩たちの仕事

出産を機に退職後、3年後に復帰。
変わらない職場の温かさがとても嬉しい。
PROFILE Iさん 28歳PROFILE Iさん 28歳

PROFILE

Iさん 28歳
2009年入社 
DCMダイキ 八幡浜店

■ 出産を機に退職後、誘われて再入社

実はDCMダイキへのアルバイト・パートでの入社は2回目なんです。最初は22歳のとき。それまでは焼肉レストランで働いていたんですが、結婚を機に退職しました。
その後、何かパートをしようと考え、ハローワークへ行って見つけたのがDCMダイキのパートの求人です。9時から15時半とちょうど働きやすい時間だったこと、もともとホームセンターで買い物をするのが好きだったこともあって応募しました。ホームセンターでの仕事は未経験でしたが、持ち前の明るい性格を面接の時に評価していただいての採用だったと聞いています。
当時のDCMダイキでの仕事はレジや接客をメインに担当しました。2年間ほど勤めて出産を機に退職。3年間ほどのブランクを経て、子どもが保育園に通えるようになったタイミングで再入社しました。
現在のDCMダイキ八幡浜店はリニューアルオープンした店舗で、以前よりも職場は遠くなってしまったのですが、かつての同僚が誘ってくれたのが嬉しくて、職場の働きやすさも安心感もありましたので、再度パートとして入社させていただきました。

■ 仕事内容が多彩なので
飽きずに続けられる

以前はレジがメインでしたが、今は倉庫の業務も含めて自転車コーナーをはじめ幅広く担当しています。
DCMダイキ八幡浜店に出勤してすぐにやるのは商品振替の作業。店舗間での在庫調整をするために、リストを作成したり、振替伝票を作成したりします。終わったらすぐにレジへ。お昼を挟んでからは商品の補充や陳列の作業、それから売り場での接客ですね。決まった担当があるわけではないので、いろいろな部門の仕事を覚えるようにしています。たとえば、自転車コーナーでは、自転車のパンク修理は、自転車にはもともと興味もないし(笑)、当然できないし。でも、店長がやっているのを見て、次に自分がやるのを見ていてもらって、最後は一人でやって最後の確認だけ店長にお願いして…とだんだんできるようになりました。
そうして知らなかったことを覚えたり、できなかったことができるようになったりするのはやはりうれしいですね。作業を覚えたら、お客様に商品の説明もしっかりできるようになると実感しています。お客様に聞かれて「わからないので係を呼びますね」ではなくて、自分で対応できると達成感が違います。それが結果としてお店の評価にもつながると思いますので、もっともっと自分でできることをふやしていきたいと思っています。

■ 周囲の協力で子育てとの両立もスムーズ

DCMダイキ八幡浜店は、地域のお客様が中心なので、忙しいのは週末よりも平日です。チラシが木曜に入ることが多いので、当日もそうですが前日からPOP付けなどの準備で忙しくなります。POPの付け方によって売れ行きも変わってくるので工夫のし甲斐がありますね。職場の仲間と相談しながらPOPをつけるのも楽しいです。
お休みは日曜日と祝日にいただいています。保育園が休みなので、子どものことを考えて、お休みについては私の方から条件の一つとしてお願いしました。再入社する際に、そのことを考慮していただけると聞いてうれしかったです。子どもですから突然、熱を出すこともありますが、そういう時にも電話1本でお休みをいただけるので助かっています。他のアルバイト、パートの皆さんにも理解いただけているので本当にありがたいですね。
DCMダイキのようなホームセンターは商品の種類が多いので、わからないことがあって当たり前。だからこれから求人でホームセンターのDCMダイキに応募しようと考えている方にアドバイスしたいのが、ホームセンターでの仕事が初めてでもひとつひとつ聞いて覚えていく姿勢があれば大丈夫だということです。あとはちょっと体力があったほうがいいかな。商品の搬出入などの作業がありますから。DCMダイキ八幡浜店の仲間は女性もみんな力持ちですよ。私も含めてね(笑)。